低分子コラーゲンが持つ美容効果

潤い美肌メソッド

エイジングケアに最適

肌の大半はコラーゲン

人間の体は数え切れないほど多くの細胞により構成されています。血液は鉄分、骨はカルシウムという風に、それぞれの器官は特有の成分で成り立っているのです。肌を構成する成分のうち、半分以上はコラーゲンです。潤いやハリの源になり、その量が多ければ多いほど若々しい肌になります。

コラーゲンは減少する

肌の全盛期は10代後半から20代前半だと言われています。潤いやハリにおいて最も良いコンディションです。しかし全盛期を過ぎると、肌は徐々にではありますが確実に老化していき、40代頃にはシミやシワに悩まされることになるでしょう。年齢肌の状態には個人差があります。40代になっても綺麗な人も居れば、20代でも小じわが気になるという人も居るのです。その明確な違いはコラーゲンの量だと言えます。若くてもコラーゲンが不足していれば肌は当然老化するでしょう。

低分子コラーゲンは吸収率が高い

コラーゲンの本来の分子量では、体内で吸収されるスピードが遅くなってしまいます。そのため分子量を細かくした低分子コラーゲンに注目が集まっているのです。サプリを飲むと消化器官を経て腸に低分子コラーゲンを届けることが出来ます。腸の内壁が栄養成分や美容成分を吸収する際、低分子化された低分子コラーゲンはスムーズに体内に取り込まれ、効率的に作用します。

サプリで肌のエイジングケア

老化している肌を改善するために役立つ低分子コラーゲン。サプリを継続して飲むことにより、失われたハリや潤いを取り戻し、再び若々しい肌を取り戻せるようになります。もちろんスキンケアを徹底することも必要です。しかし化粧品によるケアはあくまでも体の外側から行なうものなので、体の内側からもケアを行ない、確実な効果を得ると良いでしょう。

広告募集中